シミに効く薬を使えば自身の漲る肌になる!

紫外線を浴びた時の対処法

錠剤

肌トラブルに効く成分とは

日頃の生活で紫外線を浴びると、体にメラニン色素が生成されます。肌のターンオーバーが乱れていると、メラニン色素が沈着してしまい、それがシミとなって肌に残ってしまいます。一度シミができてしまうと、自然に消えることを期待するのは困難です。シミに効果的なのはメラニンの生成を抑えるL-システインやビタミンC、肌のターンオーバーを改善させるセラミドなどが含まれた薬を服用することです。これらの有効成分が配合された化粧品を肌に直接付けても良いですが、体の外側からのアプローチは効果が限定的なものになってしまうため、体の内側から作用する薬の方が効果的なのです。シミ対策用の薬を服用するべき時間帯は、朝食や昼食、夕食を終えてから数十分後です。食後に服用することで胃腸を傷めず、スムーズに体へ浸透していきます。だいたいは1日に3回の服用が目安なので、用法と用量を守って飲むようにしましょう。気を付けなければいけないのが、この薬には即効性はないということです。肌のターンオーバーの周期はおよそ28日なので、1日や2日でシミが薄くなるというわけではありません。薬を飲むのを途中でやめてしまうと効果が低くなってしまうので、すぐに効き目が現れなくてもしばらくは継続して服用してください。また、適度に運動をして代謝や血流を良くしたり、生活習慣を改善することもシミを予防する重要なポイントです。外出時は日焼け止めなどを塗って、なるべく紫外線を浴びないように対策することも大切です。

鏡を見る人

種類によって違う効能

シミ対策に使われる薬にはさまざまな成分が含まれています。それぞれに効能が異なっていたり、同時に摂取することでより効果を実感しやすい成分もありますので、状況に合わせて適切なものを服用するのが良いでしょう。

錠剤

皮膚の美しさを保つコツ

皮膚にできるシミやそばかすは、原因や予防方法を知ることで改善することができます。シミの原因となる紫外線の予防を心がけながら、外用薬や健康食品を上手に利用することがポイントです。体調によっては使用できる商品が限られるため医師に相談しましょう。

婦人

どちらにするかの選択

体の中からシミ対策をするにあたって、薬にするかサプリメントにするかで悩むことがあるでしょう。効果をもたらす成分は何なのかを良く知れば、サプリメント選びにも役立ちますし、さらに高い効果を得たいなら薬という選択肢も生まれます。