シミに効く薬を使えば自身の漲る肌になる!

皮膚の美しさを保つコツ

錠剤

皮膚にできてしまうシミは、原因や治療方法を知ることで予防や改善することができます。シミやそばかすの原因の一つに、紫外線を過剰に浴びてしまうことが挙げられます。紫外線によるダメージの度合いは人によって異なりますが、紫外線対策はシミやそばかすの予防に効果的です。紫外線を受けて皮膚にはメラニン色素が増えてしまいます。メラニン色素は、皮膚のターンオーバーによって剥がれ落ちるのが一般的です。しかし、睡眠不足やストレスなどさまざまな要因でターンオーバーが上手く行かずに沈着しシミを作り出してしまいます。できてしまったシミは、外用薬やメラニン生成を抑える成分を含む栄養補助食品や化粧品によって改善することが可能です。ただし、シミにもさまざまな種類があるため症状に合った薬や商品を選ぶ必要があります。外用薬としては、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏などがありますが、妊娠中は使用できない薬も多いため必ず医師に相談することが大切です。サプリメントや健康食品の中にも、シミの改善に特化した商品があります。それらには、ビタミンC誘導体やL―システインなどシミの改善や美白効果が期待できる成分が配合されているのが特徴です。食物の中から十分な量を摂取することが難しいビタミンCなどは、健康食品などを上手に利用することで健康や美容効果を高めることができます。薬や健康食品を利用してシミを改善すると同時に、新たなシミやそばかすを作らない工夫が必要です。